琥珀の産地である日本で取れる琥珀の特徴というのはどのような特徴があるのか?

日本で採取される琥珀で代表的な産地というのは、なんと言っても未だに商業的に産出を続けている岩手県久慈市にあります。
また、日本ではこの久慈市以外に商業的に、採取し加工までしているところはないく、採取できるところでは、マニアの愛好家が行っているのです。
こので採取されるのものは、年代的に約8500万年前の古い時代のものが多く、世界的に見てもその価値というのはワンランク上のクラスに匹敵するところがあります。
そんな久慈産の特徴というのは、いろいろな色が産出されており、その色は250色以上といわれており、黄色をはじめ、白、赤、青、緑、黒と多彩なところなのです。
また、この久慈市で産出されるものには、学術的に珍しい昆虫を含んだ琥珀も発見されており、その希少価値という観点で学術的なものから商業的なものまで、幅広く認知されているところでもあるのです。
そのうえ良質なものが多く産出していることあって、世界的に評価の高いのがこの久慈産の琥珀というところになるのです。
琥珀意味とは?アンバー効果・パワー紹介!【誕生石・石言葉は?】