妊娠した時の看護師の転職状況とは?

男性の看護師がたくさん働いている病院も多くなってきていますが、そうは言ってもまだ、統計的には女性の看護師の方が数が多いものです。
もちろん、高校を卒業して看護師の資格を取得できる学校に行く人も多いので、新卒で病院に勤める看護師も毎年沢山います。
就職してから、結婚し、子供を授かる場合も多くありますが、一般的に考えると看護師の仕事は非常に大変なので、妊婦さんで勤めを続けることは難しいと考えがちですが、実は大きいお腹で働き続けている看護師も大勢います。
結構、「お互い様」という概念が看護師同士で働くようです。
ですから、妊娠したからといって例えば夜勤の仕事がない個人開業医に転職する、というケースは、あまりないのが現状ですね。