ETCカードで一般レーンを通過する例とは?

ETCカードおよび車載器を車に搭載していても、状況によっては一般レーンを通過しなければならないケースが存在します。
まずひとつはその料金所がETCレーンを導入していない場合です。
これはある意味当然のことですね。
もうひとつの例が入り口でETCレーンを問題なく通過したにも関わらず、その後エラー等が発生してしまった場合です。
この場合出口のETCレーンのゲートが開かない可能性が高いですので、一般レーンを通過することになるかもしれません。
ゲートが開かないと後続車にも迷惑がかかりますので、心当たりがある場合は初めから一般レーンに進んだ方が無難かもしれません。
その場合もETC車載器を搭載していることを確認してもらえば、ETC割引きはちゃんと受けられますので安心です。
楽天カード口コミは?審査厳しい?【ETCカードの作り方】